歯科治療で白い歯にリセット

会話が大事

歯科医院では、患者さんに満足いく治療を受けてもらうために会話を大事にしています。しっかりとコミュニケーションを取ることで、様々な問題を解消し満足の行く施術を行っているのです。

詳細はこちら

今人気の治療

近年、失った歯の機能性を取り戻すための治療としてインプラントは非常に有力視されています。インプラントは非常に安定性が高く、こまめなメンテナンスも他の治療に比べて格段に少ないため、患者への負担が少ないのです。

歯のことならなんでもお任せ!豊橋の歯科ならこちらがおすすめです。専門的知識であらゆる悩みを解決しますよ。

詳細はこちら

歴史のある分野

歯の治療は、非常に古くから行われていました。と言っても、昔は現在と違って治療器具なども十分に存在していないので、歯科治療と言っても抜歯を行うことがほとんどでした。

詳細はこちら

矯正装置を選ぶ

歯科医院では、歯の矯正を行っています。矯正に用いる矯正装置は非常に目立つため、矯正を行いたくてもできないという方もいます。そういった方のために近年は、歯の裏に装着するタイプや目立ちにくいものも登場しています。

詳細はこちら

新しい治療方法

歯並びを整えておくことで虫歯の予防を進められます。名古屋の矯正に対応している医院はこちらにありますよ。

キレイな室内で高い施術力を実現している南浦和の歯医者なら虫歯や歯周病をしっかりとケアしてくれて丈夫な歯を手に入れられます。

ブリッジ・入れ歯に続く第三の治療法

虫歯の悪化などにより歯を抜かなければならなくなった際、抜歯後には義歯治療が必要になります。義歯治療の種類としては従来からブリッジと入れ歯という2つの方法がありましたが、1990年代ごろからはこれに加えて新たな治療方法が取り入れられるようになりました。それがインプラント治療です。インプラントとはチタンなどの金属でできた人工歯根のことをいいます。インプラント治療はこの人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、それを土台として義歯を装着するという治療方法です。特殊な症例を除いては医療保険が適用されないこともあり、従来はごく限られた歯科医院でしか行われていませんでした。しかし現在では普及が進み、取り扱うクリニックの数も増加しています。

インプラント治療の大まかな手順

インプラント治療のプロセスはおおまかに分けて3段階あります。1つは治療前の検査です。骨の状態等によっては治療に向かない場合もあるので、術前には入念なチェックが必要になります。次は外科手術です。顎の骨に直接穴を穿ち、人工歯根を埋入します。最後は義歯の装着です。これは人工歯根と骨とが完全に固着した後に行うので、外科手術後数か月程度待機するのが通例です。インプラント治療を受けるには、治療に必要な設備が整った歯科医院を利用することになります。外科手術用のオペレーションルームを備えていることはもちろんですが、診断設備も歯科用CTなど特別なものが必要です。また手術をシミュレーションできるコンピュータシステムを備えた歯科医院であれば、正確な治療に対する信頼性も高まります。

虫歯や歯周病といった歯の悩みはプロに相談して解決することが大切です。大阪で歯科を探す時のお助けサイトです。

大阪で歯医者をお探しならコチラ!個室で治療をうけることが出来るので、リラックスして治療に励む事が出来ます。